Podcast 森辺一樹のグローバル・マーケティング 〜すべてはアジアで売るために〜

森辺一樹 スパイダー・イニシアティブ株式会社 代表取締役社長

過去18年間で1000社以上の海外展開の支援を行った森辺一樹が、「グローバル・マーケ ティング」を分かりやすく解説します。この30年間、日本企業の世界競争力は著しく低下しました。その要因は、マーケティング力の弱さに他なりません。日本には素晴らしい企業が数多く存在します。それら企業のグローバル・マーケティングを強化したい。森辺一樹はそんな想いを持ちながらこの番組を皆様にお届けしています。 ⬛︎番組へのお問い合わせ、ご質問、ご感想は、https://spydergrp.com/inquiry/ ⬛︎音声版に合わせ、テキスト版もご覧頂けます。http://www.spydergrp.com/podcasts/ ⬛︎運営会社:スパイダー・イニシアティブ株式会社 http://www.spydergrp.com

マーケティング 

第192回 日本企業に足りない「製品の現地適合化」とは?
公開日時: 2015-05-27 20:00:00

アジア新興国の中間層を市場として狙う場合、「製品の現地適合化」が重要になることを理解していますか?日本の技術力は非常に高いことで有名ですが、技術にこだわるのであればブランドにも投資をすべきと森辺一樹は言います。今回は、コモディティ化しないためのブランド投資の重要性や、中間層を市場として狙う場合に気をつけるべきポイントについて解説します。
global_vol192.mp3

第191回 日本企業はなぜアジア新興国を狙うのか
公開日時: 2015-05-24 20:00:00

2020年には23億人になるとも言われるアジア新興国の「中間層」。その層が拡大していることがアジア新興国の最大の魅力だと森辺一樹は言います。では、その中間層を市場として狙う場合にはどう攻めるべきなのでしょうか。また、富裕層から狙う場合にはどうすればいいのでしょうか。森辺一樹が解説させていただきます。
global_vol191.mp3

第190回 BOPビジネスの可能性とは
公開日時: 2015-05-20 20:00:00

先進グローバル企業はなぜBOPに取り組むのでしょうか。また、どのような戦略を持っているのでしょうか。5月末に森辺一樹も共著で参加する「わかりやすい 現地に寄り添うアジアビジネスの教科書 ~市場の特性からBOPビジネスの可能性まで~」が発売されることを受け、今回はBOPビジネスの可能性について解説をさせていただきます。
global_vol190.mp3

第189回 現地に寄り添うアジアビジネスの教科書
公開日時: 2015-05-17 20:00:00

森辺一樹も共著者として参加する書籍が5月末に発売されることになりました。タイトルは、「わかりやすい 現地に寄り添うアジアビジネスの教科書 ~市場の特性からBOPビジネスの可能性まで~」。著者は森辺一樹を含め東京富士大学の黒田秀雄教授やJICAの皆様など5名です。今回は、この書籍の内容について簡単にご紹介します。
global_vol189.mp3

第188回 海外事業担当者が考えるべき「4P」のポイント
公開日時: 2015-05-13 20:00:00

海外事業を成果に結びつけるために押さえるべきポイントは、まず「4P」だと森辺一樹は言います。御社ではしっかり網羅されていますでしょうか? 今回は、自社がやっていることが正しいかどうかを確認するためのフレームワークとして基本的な「4P(Product・Price・Place・Promotion)」について、事例も交えながら最も重要な「P」は何なのか、などについて解説していきます。
global_vol188.mp3

第187回 アジアのチャネル戦略でありがちな2つの失敗要因
公開日時: 2015-05-10 20:00:00

アジア展開をする際に、商品を並べるだけで終わっていませんか?商品の価格は現地に適合していますか? 今回は、ASEANの「グループB」と呼ばれるインドネシア・フィリピン・ベトナムの3カ国を攻略する際にやってしまいがちな「2つの失敗要因」と「失敗しないためにすべきこと」について、森辺一樹が解説いたします。
global_vol187.mp3

第186回 アジアのチャネル戦略ではパートナー選びが重要
公開日時: 2015-05-06 20:00:00

御社のアジア展開、いつまで経っても導入期ではありませんか? アジアのチャネル戦略においてはパートナーの重要性が高まります。パートナーの選び方として間違っている要因や、グローバル先進企業の実際の動き、また、ベトナムでの展開事例なども交えながら、森辺一樹がパートナーの重要性について解説いたします。
global_vol186.mp3

第185回 「作る力」の時代から「売る力」の時代へ価値の源泉が変わった
公開日時: 2015-05-03 20:00:00

皆さんは時代の変化を感じていますか? 森辺一樹は様々な場所で「価値の源泉が変わってきた」という話を語っています。なぜ世の中の価値の源泉は変わってしまったのか。今マーケットで起きている時代の変化を簡単にお伝えしながら、その変化にどのように対応すれば良いのか、どのようなスキルを身につければ良いのか、解説いたします。
global_vol185.mp3

第184回 アジア展開を考える企業に向けたメッセージ
公開日時: 2015-04-26 20:00:00

ここ数回にわたってお送りしてきた「アジアのチャネル攻略」について、要点をまとめて振り返ります。「作る」より「売る」に注力しなければならなくなった現代において、アジアを攻略する企業の共通点とは何なのか。また、競合のチャネル戦略をリサーチするためには何をすれば良いのか。アジア展開を考える企業に向けて、森辺一樹がメッセージを送ります。
global_vol184.mp3

第183回 TT(トラディショナルトレード)をやらなければいけない理由とは
公開日時: 2015-04-22 20:00:00

世界の競合と戦うために日本企業が今やるべきことは何なのでしょうか。アジアでTTを進める先には、インドやアフリカなどのマーケットも視野に入ってきます。逆にそれをやらなければ、過酷な未来が待っていると森辺一樹は警鐘を鳴らします。海外からの買収攻勢、アジア企業の子会社化、など多くの業界で今後起きてもおかしくない未来について解説します。
global_vol183.mp3

第182回 先進グローバル企業のアジア戦略はどこが優れているか
公開日時: 2015-04-19 20:00:00

御社のボードメンバーは、海外戦略に対する軸を持っていますか?アジアで苦戦する企業は、総じて海外展開への先行投資をしたがりません。それは、経営者自身の任期中の利益率を下げたくないからではないかと森辺一樹は指摘します。今回も、アジアを攻略するために重視すべきポイントやどういった戦略を持つべきなのか解説いたします。
global_vol182.mp3

第181回 日本企業はなぜアジアで苦戦してしまうのか
公開日時: 2015-04-15 20:00:00

日本で上手くいってもアジアに出ると上手くいかない企業が多すぎる!森辺一樹はこの状況を「もったいない」と考えています。本気でマスマーケットに入っていく企業が少なかったり、日本とのマーケットの違いを理解していなかったり、そもそもの組織構造に問題があったり、など、アジアで苦戦してしまう理由について森辺一樹が解説いたします。
global_vol181.mp3

第180回 TT(トラディショナルトレード)のマーケットで利益を出すには
公開日時: 2015-04-12 20:00:00

「ASEAN6」を構成するグループB(インドネシア・フィリピン・ベトナム)は、TT(トラディショナルトレード)のマーケットと言えます。このマーケットにおいて、どのように売上を増やし、利益を得ていくべきなのか。今回は、より具体的に「間口戦略と連動するプロモーション戦略」や、「ATLかBTLか」などについて、森辺が解説いたします。
global_vol180.mp3

第179回 「ASEAN6」を構成する"グループB"の攻略法とは
公開日時: 2015-04-08 20:00:00

インドネシア・フィリピン・ベトナムの3カ国は、「ASEAN6」を構成する6カ国のなかでもグループBとして位置づけられ、グループAとは異なる戦略が必要になります。今回は、このグループBの特徴でもあるTT(トラディショナルトレード)のマーケットをどう分類すべきか、また、まず攻略すべき「地域一番店」の見分け方などを森辺が解説いたします。
global_vol179.mp3

第178回 有望マーケット「ASEAN6」を構成する2つのグループとは
公開日時: 2015-04-05 20:00:00

ASEAN主要6カ国に対しては、攻略法が異なります。森辺は特にASEANの中でも有望なマーケットを「ASEAN6」と捉え、さらにこのマーケットを先進ASEANと呼ばれる"グループA"と発展途上ASEANと呼ばれる"グループB"の2つに分けて考えています。今回は、この2つのグループの違いにフォーカスして詳しく解説させていただきます。
global_vol178.mp3

第177回 巨大マーケット「ASEAN」は3つのグループで考える
公開日時: 2015-04-01 20:00:00

急成長するASEANは、大きく3つのグループに分類して戦略を考えなければいけません。森辺は特に有望なマーケットを「ASEAN6」と捉え、さらにこのマーケットをチャネルの流通構造に応じてグループA・グループBと2つに分けて考えることを推奨しています。今回はこのグループ分類について解説させていただきます。
global_vol177.mp3

第176回 マーケティング力の時代にどのように対応すべきか
公開日時: 2015-03-29 20:00:00

もう技術力の時代ではない? 森辺は以前よりセミナーなどで「価値の源泉が技術力の時代からマーケティング力の時代へとシフトしている」ということを語っています。今回は、この部分について詳しく掘り下げ、「なぜ日本企業は対応できていないのか」そして「解決策は何なのか」などをお伝えしてまいります。
global_vol176.mp3

第175回 日本企業がASEANを攻略するために考えるべきこと
公開日時: 2015-03-25 20:00:00

なぜ日本企業はアジアを攻略できていないのでしょうか。3月13日にスパイダーが経営者層に向けてクローズドで開催したセミナーの内容から「人口ピラミッドから考える国別のプライオリティ」や「森辺イチオシの成長国」、「アジアのマーケット形成の法則」など、一部の情報を抜粋してご紹介いたします。
global_vol175.mp3

第174回 中国の経済成長は本当に鈍化しているのか?
公開日時: 2015-03-22 20:00:00

中国の経済成長が鈍化していると報じられていますが、それは本当なのでしょうか? 森辺が実際に足を運んで感じた中国の状況に加え、3月24日に知日派ジャーナリスト莫邦富氏をお招きして開催するセミナー「白物家電世界最大手ハイアール飛躍の秘密から学ぶ グローバル・マーケティング」の情報をお伝えします。
global_vol174.mp3

第173回 日本企業がアジア新興国においてやるべきこととは?
公開日時: 2015-03-18 20:00:00

過去3回にわたってお届けしてきた「チャネルファースト」の考え方について、ご理解いただけましたでしょうか? 改めて、チャネルの重要性やディストリビュータの選定、外部活用の有効性など、日本企業がアジア新興国において「まずやるべきこと」を、森辺一樹がお伝えしてまいります。
global_vol173.mp3